熱海勝記憶実行委員会 Last Updated 2016-11-01

■稀にしか食べられないメニュー


1位:蟹黄焼
(上海蟹雌の味噌掛けフカヒレステーキ)

料理01.jpg

毎年9月〜11月の3ヶ月間のみ完全予約で毎日5食限定。シーズンの上海蟹の雌の味噌はまったりと濃厚。そんな希少価値の高い雌の味噌だけでであしらえた濃厚スープの中にはフカヒレのステーキが。
周りはカリッとしながらも中身はツルツルでモチモチ感がちゃんと残っている。いわゆるフカヒレの姿煮と比べるとまるで別物の食感だが、逆に繊維が引き立っている逸品。

2位:乳猪筋腐皮
(子豚のスネの湯葉詰め)

料理02.jpg

生後1ヶ月に満たない子豚のすね肉をじっくり煮込んで湯葉と一緒にいただく料理です。さすがに、子豚のすね肉は、口の中に入れるととろける程の柔らかさ。湯葉の繊細で上品な味と合わせて食せば、角のとれた丸みのある味が口の中で溢れ出します。ゼラチンが多いわりにはさっぱりとした最高の美容食。女性に人気の一品。
ただ、乳猪の入荷が困難なため、材料が入荷された時だけ食べる事ができます。事前に店に連絡を!

3位:佛跳牆
(蒸し薬膳スープ)

IMG_1614.JPG

ナマコ、しいたけ、烏骨鶏、たまご、鶏足、クコ、なつめ、干し貝柱、ふかひれ、燕の巣・・・・様々な高級食材を数日かけて調理する福建料理の伝統的な高級スープ。このスープの名前は「あまりの美味しそうな香りに修行僧ですらお寺の塀を飛び越えて来る」という意味らしい。歴代の中国皇帝が食べていた佛跳牆は、食材にこだわりすぎたため、現在の価値で1億8000万円ほどしたとのこと。
まったりとしていて、それでいてしつこくない。体にすーっと何の違和感もなくしみ込んでゆく感じで、飲み干すと同時に体の芯から温まる不思議なスープ。

※8000円〜10,000円 3日前事前予約